健腦丸

熱情奔放、創意無限

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

上海灘 第1話



上海灘

監督
   招振強(ジウ・ザムキョン)
出演
   周潤發(チョウ・ユンファ) ... 許文強(ホイ・マンキョン)
   呂良偉(レイ・ロイ)   ... 丁力(ティン・リッ)


*上海灘 基本情報*

舞台は日清戦争を目前に控えた1930年代の上海。
誰もがチャンスさえ掴めば金持ちになれる街で、裏社会に身を投じ、のし上がっていこうとする男達を描いたTVドラマ。
この主役に抜擢されたことで、周潤發は一躍スターに躍り出た。


以下、第一話感想↓(溢れるネタバレ)




*今回の粗筋*

友人を訪ねるために北京から上海にやって来た許文強は、いきなり裏社会の乱闘に巻き込まれる。

たまたまその場に居合わせた梨売りの青年、丁力から自分が訪ねる夏非路が取り壊されている事実と友人である方艶雲(フォン・インワン)が社交界の華と呼ばれ、何人もの金持ちと付き合っていると聞かされるのだった。
2人は意気投合し、丁力は宿の無い文強を自宅に泊める。

翌日、沈という艶雲と関係のあったという老人の葬儀を聞きつけた文強はその場へ向かい、艶雲と再会を果たす。
そして、艶雲の紹介により映画館を経営する社長、李の元で働くこととなる。

その後、李の下でメキメキと頭角を現し、右腕となった文強を快く思わない兄貴格の炳(ピン)は様々な手を遣い、文強を失脚させようとするが上手くいかず、逆に窮地に陥る。

そんな中、炳は街で喧嘩をしていた青年を雇い、文強を暗殺するように仕向けるが、実はその青年こそ梨売りの丁力だった。
暗殺は失敗に終わり、丁力は炳らに命を狙われ、重症を負いながらも家に逃げ帰る。

しかし、そこに文強が現れて・・・


どうなる?!次回!!




*感想*

あんな所で「次回に続く」だとは…。
早く続きが観たい!!
面白すぎる、このドラマ。

1930年代上海の描き方(世界観)といい、ストーリーといい非常に好み。ラジオから李香蘭の唄うような歌謡曲が流れてくるあたりには痺れた。
また、發哥を始め役者陣のクサい演技も逆によかった(あのくらいやってくれないと、その時代や黒社会の泥々とした閉塞感や緊張感が伝わらないと思う)。
これからどのように展開して賭侠Ⅱ之上海灘賭聖時の上海になるのか楽しみ。

しかし、賭侠Ⅱ~の時の丁力と余りにイメージが懸け離れていて吃驚した…髭、髭とか特に。
丁力がどのようにのし上がり且つ洗練されていくのかも見所かと。




*今回の見所*

○發哥が若い・細い
 劇団ひとりにはいつもより似ていなかった

○發哥の原点、此処にあり(ニヒルな笑みを含む)

○女優は綺麗ではない
 80年代前半の香港映画やドラマには美人があまり出て来ない(自説)

○成金社長たち
 李社長は日本の窓際サラリーマンっぷり
 宿敵の王社長のネチネチした狡猾な小太り親父っぷり

○丁力の親友、長貴の優しさ
 負傷して帰ってきた丁力の痛みを紛らわすために笑い話を必死に聞かせる姿に感動
 (ここは本当によい場面だった!)

○時代背景や当時の裏社会がよくわかる
 カンフーハッスルもほぼ同時代が舞台
 →カンフーハッスルもよりよくわかる(と思う)!








周星馳主演映画『賭侠Ⅱ之上海灘賭聖』を観てからというもの、観たいと思い続けていたTVドラマシリーズ『上海灘』。

近所のレンタルショップにDVD全巻揃っているものの、何せ全25話。なかなか手を出し辛く今まで観れなかったのですが、遂に手をだしてしまいました・・・ありがとう、gya○!

それにしてもgya○は中国大河モノを沢山放送してくれて嬉しい(レンタルすると話が長いだけにお金ばかり掛かって懐状況を鑑みると諦めるしかなかった)。
加えて、月曜からはレスリーの『武林世家』も放送開始ときた!
しかしその反面、卒論持ちとしては非常に辛い。
嗚呼、誘惑に打ち勝つためにはどうすれば・・・!!







*一口メモ*
○『賭侠Ⅱ之上海灘賭聖』邦題:ゴッドギャンブラー3

毎度お馴染み、賭聖が今度は1930年代の上海(というか上海灘のその後世界)にタイムスリップ!
実際に呂良偉が『上海灘』と同じ丁力の役で出演しているのです。

内容を簡単に説明すると…
賭神+賭聖+BACK TO THE FUTURE+上海灘+マクドナルド÷5=賭侠Ⅱ之上海灘賭聖
という感じなのですが、これがまた面白い。
パロディを吸収した上にそれをパロりながらハリウッド映画もパロるという暴挙豪華っぷり。
これぞ香港映画!楽しくなければ映画じゃない精神炸裂!!
そしてお馬鹿映画を撮らせたら世界一!香港映画界の巨匠、王晶の本領発揮といった作品。
それに加えて大女優である鞏利(コン・リー)がヒロイン役を務めているのだが、物凄く可愛い。大女優なのにやることなすこと少女のように初々しくて胸キュンもの。

賭神シリーズの中でオススメ度№1!
(オススメポイントは何と言っても「肉まん好きなの誰かいな」ミュージカルシーン。是非観て頂きたい!)




※ゴッドギャンブラーシリーズは複雑なので御用心!
第1作目『賭神』

發哥主演、劉徳華共演作品


第2作目『賭侠』

劉徳華扮する賭神の弟子、賭侠と、『賭神』のパロディ『賭聖(ゴッドギャンブラー賭聖外伝)』で一躍人気者となった周星馳共演作品。發哥はラストシーンのカメオ出演のみ。


第3作目『賭侠Ⅱ之上海灘賭聖』

一応『賭侠』の続篇という名目ではあるものの、發哥は怪しげな写真のみ劉徳華に至っては1カットも出てこない。元々パロディの賭聖が本家で主役を張った作品。


第4作目以降はもう何が何やら不明。日本ではシリーズ中5作が発売・レンタルされているらしい。

○呂良偉
出身地はベトナム(確かに顔濃いもの!!)


スポンサーサイト
  1. 2005/11/06(日) 09:13:39|
  2. テレビジョン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<少林殭屍 | ホーム | バーゲンと横丁>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xuedizi.blog20.fc2.com/tb.php/35-4dc75621
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ノムラ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。